漢方セルフケア検定、よくある質問


Q1, 漢方セルフケア検定の1級と2級の出題範囲は、別々のテキストですか?

 A1, いいえ。1、2級ともテキストは共通です。『漢方セルフケア検定公式テキスト』から出題されます。

 

 

Q2, 漢方セルフケア検定は1、2級以外にありますか?

 A2, ございません。

 

 

Q3, 1級からの受験はできますか?

A3, いいえ。2級合格者のみ1級の受験ができます。

 

 

Q4, 漢方セルフケア検定の合格基準はどれぐらいですか?

A4, 2,1級、共に正解率75%以上で合格です。

 

 

Q5, 漢方セルフケアアドバイザーになるためにはどんな資格が必要ですか?

A5, 薬剤師、登録販売士,、歯科医師の方が、漢方セルフケアア検定1級に合格すると取得することができます。

    お手続きはQ6をご参照ください。

 

 

Q6, 漢方セルフケアアドバイザー証の手続きはどうなりますか?

A6, 薬剤師、登録販売士の方は、1級の受験申込時にお持ちの資格の認定証などの写し(コピー可)をFAX、またはメールでお送りください。

   1級受験申込時に同時に手続きをしていただくと、合格証発行時にセルフケアアドバイザー証(カード)をお送りします。

   1級受験申込時以外、または合格発表後など、上記以外の場合は、手数料2,000円(税抜)がかかりますのであらかじめご了承ください。

 

 

Q7, 薬剤師(登録販売士)ですが、漢方セルフケアマスター講習会を受けた場合の資格はどうなりますか?

A7, 漢方セルフケアマスター兼漢方セルフケアアドバイザー証(カード)が発行されます。

 

 

 

Q8, 薬剤師(登録販売士)ですが、2016年の漢方セルフケアマスター講習会を受けていません。

    次回受けると漢方セルフケアマスター兼漢方セルフケアアドバイザー証(カード)発行されますか?

A8, 漢方セルフケアマスター講習会のお申し込み時に申請いただくと発行できます。

 

 

 

Q9, 漢方セルフケア検定2級合格後、その資格を維持するために更新料はいりますか?

A9, いいえ、『漢方セルフケア検定2級合格』と言う証明は更新料なしの永年登録となります。

 

 

 

Q10, 漢方セルフケア検定2級の解答はえんぴつで書くんですか?

A10, 黒か青のボールペン、えんぴつ、シャープペンいずれも使えます。

     フリクションの消えるボールペンは熱で消えてしまう恐れがありますのでお控えください。

 

 

Q11, 漢方セルフケア検定2級の解答用紙は、簡易書留で送ってもいいですか?

A11, はい、普通郵便、レターパック、簡易書留などでもお送りいただけます。

 

 

Q12, 1級試験の問題集はありますか?

A12, 現在のところございません。